公益財団法人豊島修練会は、1館2荘を経営し公益目的事業を推進しています。

理事長ご挨拶

私どもの公益財団法人豊島修練会では、「1館2荘」を経営し、公益目的事業を推進しています。1館とは「成美教育文化会館」で東久留米地域の方々はもとより広く周辺の地域の多くの方にもご利用いただけます。ここでは利用者自らが教育・文化・福祉の向上を図り、心の豊かさ・潤い・自己実現・充実感などを味わい深めていかれるように、私どもはさまざまな支援・協力をしています。利用者の方々が清潔で明るく落ち着いた環境で地域社会の健全な発展に寄与できるように、私どもは日々応援しています。
 2荘とは、千葉県勝浦市鵜原にある海の「至楽荘」と長野県茅野市宮川にある山の「一宇荘」です。この大自然に恵まれた2荘は学寮として園児から小・中・高・大学生まで利用いただいております。利用者は2荘での宿泊生活を通して心身の鍛練・野外活動・体験学習を行い・ねばり強さ・強い意志・協調性などを培うのに役立てています。十分に成果をあげられるように私どもは支援・協力を行っています。なお、学寮ではありますが、企業における研修の外・一般の方々の小グループでの絵画制作・野外活動・自然観察などの活動にもご利用いただけます。

公益財団法人豊島修練会とは

豊島修練会はかつての豊島師範学校(現東京学芸大学の前身の一つ)及び附属豊島小学校の教師・父母・卒業生が一体となって、1942年(昭和17年)、当時の文部大臣の許可を受け財団法人として発足しました。海・山・田畑に恵まれたそれぞれの地域に至楽荘・一宇荘・成美荘を築き、大自然の中で児童・学生の心身の鍛練・体験学習を行って、社会の変化に伴い、より多くの小・中・高校や大学などにも利用されるようになってきました。
 その後、2012年(平成24年)4月1日付で内閣府より認定を受けて公益財団法人となりました。現在では、「1館2荘」を経営し、私ども法人の事務所は「成美教育文化会館」内にあり、ここでさまざまな情報を発信・受信してます。会館(東京都東久留米市)では子どもからお年寄りまで多くの人々の教育・文化・福祉の向上のために支援・協力を進めており、海(至楽荘…千葉県勝浦市鵜原)と山(一宇荘…長野県茅野市宮川)の大自然の中にある学寮では幼児・児童・生徒・学生の心身の健全育成のために支援・協力を行っています。このように私どもは「1館2荘」を経営し、地域社会の健全な発展と心豊かでたくましい人間性の育成に力を尽くしております。

公開資料

公益財団法人豊島修練会 財務情報をこちらからご覧いただけます。